• moonshotの高い集積性を活かすには

    moonshotはこれまでにないシャシーの構造と実装効率の向上により高い集積性を生み出しているサーバーシステムです。

    この機能を活かすには、自社の中に配置するよりもデータセンターなどスペースを効率的に利用する場所を利用するのが最も効果的な利用法と言えます。



    データセンターに設置することで安定した可動とコスト削減が効率的に行えるのです。


    データセンターはその多くがラック単位での利用となっており、その利用料金もラック数により変わります。

    自分に合ったOKWaveの情報をご説明します。

    その為、集積性の低いシステムを設置する場合にはラックの本数が増えることになり料金も大きな負担となるほか、電源の使用量もラック単位で課金されることが多いことから企業にとっては大きな負担となります。moonshotは集積性が高いのと合わせ省電力構成となっているため、ラックに提供される電源容量で十分まかなえる容量を維持していることが多いため、その面に於いてもコスト削減に大きく寄与する物となっています。



    moonshotはメンテナンス性も優れており、多重化システムを構築した場合には一部のシステムだけを停止させてメンテナンスを行うことが出来るため、データセンターでメンテナンスを行う場合にはその作業時間も少なくて済むというメリットもあります。その為、企業にとって重要な事業継続と維持コストの軽減を両立させる面で、データセンターの設置を行うことがその機能を最大限に生かすことのできる方法となっています。