• moonshotをビジネス効率化に活かす方法

    moonshotの特徴は仮想化サーバーとして様々な機能を持ちながら省電力化と集積化を高いレベルで実現している点にありますが、これをビジネスの効率化に活かすためにはさまざまな工夫を行う事が重要です。


    その為には従来の仮想化サーバーの構築方法とは異なる考え方でシステム構築を行う事が重要になります。



    中でも注意しなければいけないのが多重化の発想です。

    これまで仮想化サーバーを構築する場合には、ハードウェアの故障によるシステムダウンやメンテナンス時のサービス停止に備え多重化を行う事が常識とされてきました。ハードウェアの故障によるシステムダウンやメンテナンス時のサービス停止の際にはサーバー全体を停止させる必要が有る為、その間の業務を停止させないために全く同じ動作を行う仮想化サーバーをもう一台構築し運用する必要があったのです。


    また、この際にはデータベースを共有したり、ネットワーク上で同一のシステムに見せるための仮想化の処理なども組み込まなければならないため、構築コストや運用コストが高額になるという問題が有りました。

    moonshotではそれぞれのシステムが電源を含め論理的に独立しており、問題となる部分以外を独立してメンテナンス出来るため、多重化を行う必要が無くなることになります。

    エキサイトニュースの分かりやすい情報はこちらです。

    そのためこれまでの企業システムと異なり多重化が不要となる為大幅なコストダウンが可能となるのです。


    moonshotを利用する際にはこれまでにはないシステムを構成する方法を習得する必要があります。その方法を実践することでmoonshotの機能を最大限に生かし、ビジネスの効率化を実現する事に繋がります。