• moonshotの機能を効果的に活かすための方法

    • moonshotは複数のサーバー機能を一台のサーバーシステム上に集約することでシステムのコストを低く抑えることに貢献するサーバーシステムです。



      さらに高いハードウェアの集積度を誇る為使用電力が少なく物理的な専有スペースも少ないことから、ラック単位や使用電力量により課金されるデータセンターなどの設置に適したサーバーシステムとなっています。
      但し、moonshotの特性を最大限に引き出すためには単なる集積化だけではなく、システム構成を十分に意識して設計を行い機能を設定することが大きなカギとなります。

      その一つがハードウェア上の物理的な構成とシステム構成を十分に意識したシステム設計にあります。


      moonshotは処理を行う中枢のCPUやこれに付帯するメモリー等がブレード上に実装されており、その機能ごとにメンテナンスが可能である特性を持っています。

      さらにこれらのブレードはサーバーシステムの電源を入れた状態でメンテナンスや交換が出来る特性を持っています。

      その為、ブレード単位で機能を振り分けることでサーバーシステムの他の機能を活かしたままメンテナンスが可能となります。


      このmoonshotの機能を最大限に生かすためには、ブレードごとにサーバーや付帯する機能を割り当て、同一サーバー上に存在する他のシステムに干渉しない設計を行う事が重要です。

      様々な種類の日本経済新聞情報を参考にしましょう。

      また、機能を多重化して集約することでmoonshotの最大の特徴である効果的な多重化サーバーの構築が行えるようになります。



  • 人に言いたい企業

    • moonshotの高い集積性を活かすには

      moonshotはこれまでにないシャシーの構造と実装効率の向上により高い集積性を生み出しているサーバーシステムです。この機能を活かすには、自社の中に配置するよりもデータセンターなどスペースを効率的に利用する場所を利用するのが最も効果的な利用法と言えます。...

  • 企業の実態

    • moonshotをビジネス効率化に活かす方法

      moonshotの特徴は仮想化サーバーとして様々な機能を持ちながら省電力化と集積化を高いレベルで実現している点にありますが、これをビジネスの効率化に活かすためにはさまざまな工夫を行う事が重要です。その為には従来の仮想化サーバーの構築方法とは異なる考え方でシステム構築を行う事が重要になります。...

  • 最新情報・企業入門

    • moonshotの特長とメリット

      moonshotはHPEが提供しているサーバーです。現代ではインターネット接続が進み、社内でサーバーを運用管理している企業が少なくなったと言われていますが、現実にはネットワーク接続の経費よりも自社内サーバーの費用が少なくなります。...

    • moonshotの優れた機能の利用法

      moonshotはこれまでのサーバーと異なり、ユニットごとに電源を落とさずにメンテナンスが出来るという特徴があります。従来のサーバーはユニットのメンテナンスを行う際にはサーバー自身の電源を落とさなければならず、仮想化サーバーを構築していた場合にはそのサーバー上で動作している全てのシステムを停止しなければならないため、多くの業務システムが影響を受け、業務に支障をきたすことが多かったものでした。...